読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TOMY(トミー)のブログ

誰でも60日で英語がペラペラになるバイリンガルの法則

驚きのリスニング能力を身につける方法

んにちは。 トミーです。


最近はテレビとか見ても英語ブームが巻き起こっていますよね。

就職にも必要だし、会社に入ってからもTOEICが必要だし、英語が必須な世の中です。



そんな話をうけて英語をできるようになろうとがんばっている人がいっぱい入ると思います。

ですが日本人はリスニングがうまくありません、、



僕たち日本人は高校から英語を習い始めて、

ずっと勉強してるのにどうしてリスニングがなかなかできないのか。


英語を聞き取れるようになりたい、

何を言ってるのかわかるようになりたい!と思う人はたくさんいます。

けど、リスニングが得意な人ってあまりいないです。


多くの人ががんばって勉強しているのになんでうまくならないのでしょうか、才能とかセンスでしょうか?



いえちがいます。ちゃんとした勉強法を知らないからなかなか上達しないのです!


今日はあなたに一日一時間ですぐに英語が聞き取れて何をいってるのかわかるようになる方法をお話します。


あなたは英語のアルファベットを知っていて、単語もある程度知っていて、

文法をある程度知っていますよね。


そしたら確実にリスニングはできるようになります。


なぜならリスニングができるようになるその裏技勉強方法とは


「英語をまず読んで、そのあとに目で文章を追いながら音声を聞く」
たったこれだけですから。


なぜならリスニングで大事なのは、英語を聞き取れることと、内容がわかることだからです。


「なにを当たり前な」と思われるかもしれません。けど、ほとんどの人はなぜかいきなり英語を聞いて、聞き取ろうとする練習をしますよね?


そして聞き取れないまま終わります。そもそも聞いたことも読んだこともないものをいきなりリスニングしてわかろうなんて、そんな無謀なことはありません。


実は人間の脳が言語を学ぶときは、音と文字をセットにして覚えます。


例えば幼稚園くらいに日本語を習ったときのことを思い出してください。まず黒板にひらがなが「あ」とか書いてあって、

それを先生が「あ」って読むのよーと音読してくれましたよね。


そしてそれをきいて僕たちは「あ」って文字と音をおぼえていたとおもいます。


実はこのとき人間の頭の中では、先生が音読した日本語と、黒板に書いてある文字を頭の中でくっつけて覚えてくれます。


音と文字をセットにしてくれる感じですね。


こうやって僕たちはひらがなを覚えてきました。

次に小学生一年生ぐらいでちょっと長めの日本語や漢字を習うとき、教科書があってまず読みますよね。

そして先生が音読してくれてそれを目でおってます。


そうすることでどんどん頭に文章と日本語の音声が入ってきました。

僕たちはこんなことをずっと繰り返して日本語を覚えてきたのです。


これを英語でやるとどうなりますか?


日本語も英語も言葉のおぼえかたに違いはないので、同じ事をすると同じ結果が生まれます。


つまり、そのうちいっぱい頭に英語がたまってきて聞き取れてわかるようになっちゃうのです


今でこそこの方法をやっている僕ですが、昔はリスニングをいきなり聞くというそれこそ無謀なことをやっていました。


ですが全然ききとれるようになりませんでした。一日中聞いてたこともありました。ですが全く聞き取れるようになりませんでした。


そしてアメリカに留学して、僕は会話の先生にメールでリスニングが伸びないからどうしたらいいか相談しました。


するとその先生がアドバイスをくれました。

「字幕をだして音声をききなさい」というアドバイスでした。


僕はずっと自分なりにリスニングを練習してきてだめだったので、素直にその先生のアドバイスどおりにやってみました。


そしてそれをやり始めて1週間もしないうちに、

学校の英語の授業が急に聞き取れるようになってきました。


「あれ?」と思いました。


それまでは聞き取れなくて先生に質問されたらどうしようと毎日どきどきしながら授業を受けていましたが、


普通にききとれるようになってきて、授業が困らなくなりました。


勉強法をほんのちょっと変えただけで、先生のアドバイスどおりにやっただけでこんなに聞き取れるようになっていました。


僕は本当にびっくりしました。そしてその会話の先生にすごく感謝しました。


この「字幕をだして、音声をききなさい」とゆうアドバイス

実はさっき説明した脳が言葉を覚えるときのやりかたにあってるんですよね。


文字と音をセットで覚える。


それで僕は急に聞き取れるようになったのです。


この勉強法のやりかたですが、何にでもつかえます。


まず教材とその教材の音声を用意してください。

次に読んでみて大体の内容をつかんでください。

わかればわかるほどいいですが、完璧じゃなくて大丈夫です。


読んだら次に音声を流してください。

音声を流しながら、目で文章をおってください。


このときのコツはひたすら目で文章をおってください。

内容とかは考えなくて大丈夫です。

すると頭の中で文字と音声がセットになり聞き取れるようになります。


やりかたはこれだけですが、もし聞き取れるようになったかチェックしたければ、今度は音声だけを聞いてみてください。


すると聞き取れるようになっているはずです。


しかも最初の読むときに内容をだいたいつかんでいれば聞き取れて内容がわかるようになっています。


これをずっとやっていくと頭に聞き取れて、内容が理解できる英語があなたの頭の中にたまっていきます。


すると突然海外の人と話したときでもだいたい同じ言い回しや表現をしてきますので、

聞き取れますし、何を言ってるかわかるようになります。


一度これをやるとまず聞き取れることに感動します。

しかも内容まで勝手にわかるようになってしまってるので本当にびっくりします。


これであなたの長年のストレスは間違いなく解消されます。

もう英語でびくびくする必要はなくなりますし、しかも英語を聞き取れるようになってて友人から

「英語聞き取れるなんてすごい!」などと言われてしまうかもしれません。


これは実践しないとわからないので、実践してみてあなた自身で感じてみてください。

僕は実践しました。そして英語がびっくりするほど聞き取れるようになりました。