読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TOMY(トミー)のブログ

誰でも60日で英語がペラペラになるバイリンガルの法則

日本語を捨てる勇気。

んにちは。トミーです。


英語ができるようになりたいという人は非常に多いのですが、

勉強をよくしている方でも英語がうまい人というのは少ないです。


これってほんとうにつらいんですよね。英語ができるようになりたい。

そのために頑張って勉強していてもなかなか思うような成果がでない。


これほどつらいことはありません。

そしてそのつらさからいつしか英語を勉強するのをやめたりしちゃいます。


ですがそれではもったいない。

何か目的があって英語を頑張ってるはずです。


今日はあなたの英語が急激に上達する秘訣をお話します。

この秘訣は英語ができるようになりたい人にとって必須です。


さて、ずばりその秘訣とは、

「日本語を使わないで、英語→英語を意識することです。」


なぜなら日本語を使ってしまうと、どうしても遅くなってしまうからです。

どうゆう意味かとゆうと、


英語→翻訳→日本語、日本語→翻訳→英語

のように余計なステップが入ってしまうのです。


あなたは日本語を使うときにわざわざ翻訳したりせずに、

日本語→日本語で内容をつかみ

人と話をしたり、本を読んだりしてますよね。


英語もこのようにならないといけないのです。

もちろん英語圏の人は英語→英語で生活しています。


なので、

あなたが英語ができるようになりたいと思うなら英語圏の人のように、

英語→英語と日本語を使わないようにしなければいけないのです。


僕がこれに気づいたのは、アメリカに留学してからでした。

それまでは日本語に翻訳してというくせがありました。

とゆうかそのくせに気づいていませんでした。


ですがアメリカにいって気づいたのは、

日本語に翻訳しているとどうしても時間がかかりすぎてしまうのです。


友達としゃべっていても、日本語に翻訳して、

または日本語を英語に頭の中で翻訳してしゃべってとかしていると間に合わなかったんです。


そして会話についていけなくなるわけです。

会話についていけないというのは生きるか死ぬかに近いです。


しゃべりたいときにしゃべれないというのはそこにいないようなもので、

本当に苦しいです。

コミュニケーションがうまくいかないほど苦しいものはないです。


ですから海外の人と英語でやりとりするようなときは、

英語→英語じゃないと到底まにあいませんし、

なかなか上達しません。


あなたの未来のためにこの記事を読んだ瞬間から、

英語→英語で英語を使うときは日本語を使うのをやめましょう。


具体的なやりかたですが、

英語を使ってるときは日本語を使うのをやめましょう。


「日本語やめようとかいきなり何をいってるんだ」

と思うかもしれないですが、

やらなければ一生変わりません。

なのでやりましょう。


具体的な方法にもどりますが、

たとえば英語を読むとき、聞くとき、

頭の中で日本語に翻訳しないでください。


そのまま英語のままで内容をつかんでください。

内容が分かったことを確かめたい場合は、

違う表現で同じ内容を言い換えることができると内容をつかんでいます。


例えば、英文があって、

Speaking my mind is the good way to be friend with someone.

とかあったとします。

この文章は、自分の思っていることを話すのは誰かと友達になるのにいい方法です。

というニュアンスの文章です。


これを別の言い方でいいかえると、

こんな風にいいかえれます。


It is the good way to speak my mind to be friend with someone.

違う英語を使ってますが、だいたい言ってることは同じです。


このようにあなたが英語だけで内容がわかったかを確認したい場合はこんな感じで言い換えてみてください。


またイメージ力が豊かな人は、

ニュアンスだけで内容がつかめるのもありです。


いきなり日本語を使わないというのはやると難しいと思いますが、

やっていると慣れてすぐできるようになります。


自転車には最初にのれないけど、

何回か乗ろうとするうちに乗れるようになっちゃう感じです。


コツはできるようになるまでやることです。

僕の弟が海外に行きたいというので、

日本語を使うなといって英語を勉強させてみたところ、

すごく伸びました。