読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TOMY(トミー)のブログ

誰でも60日で英語がペラペラになるバイリンガルの法則

リーディングアラウド・エフェクトは最強

んにちは、トミーです。



留学してはじめのころ


僕はクラスではまったくしゃべれない

人でした。



留学をし、

「外国人の友人いっぱいつくって、

英語しゃべって、毎日楽しい生活」



そんなことを夢見ていましたが、


実際は、英語がしゃべれない、

だから話しかけれなくて


友達もできない。



そんな日々でした。



学校のクラスでは、ほとんど

しゃべることができず。


日本にいたときのように

授業をうけていました。



ただひたすらきいて、

みたいな受動的な態度でした。






ですが、周りの生徒は

外国人とあってどんどん積極的に発言していました。



そんななか僕は発言しなかったので、

(とゆうか発言するのや、英語をしゃべるのに

まったく自信がなかったので、



しゃべっていませんでした。)



よく先生にあてられました。

「で、君はどうおもう?」


そんな質問が僕に集中しました。




ですがその時の僕は、


周りの生徒がいってることや先生の

いってることもよく理解できてなかったので

まったくちゃんとした回答ができませんでした。



そしてへんな回答をして、

先生に訂正されるそんな授業生活を

おくっていました。



そんなとき、きまって

なさけない気持ちになりました。


「僕はどうしてこんなに英語がわからないんだろう、

先生のゆってることや生徒がゆってることも

わからないなんて」


と思っていました。


でも、同時に

「英語ができないと思われたくない」

そんな見栄もありました。




「なんとかクラスで発言できるようにならなきゃ」


と思いましたが、

そのためには英語がしゃべれないといけない。



壁にぶちあたりました。


英語しゃべれない→発言できない



これの繰り返しでした。


僕の英語は進歩をみせず、

時間だけがすぎていきました。


「何をやってるんだ僕は、大事な留学期間が

どんどんすぎてるじゃないか」


とどんどん焦っていきました。



焦りとは裏腹に、しゃべれるようにならない

そんなことをつづけていると


フラストレーションや焦りや申し訳ない気持ち

などでわけがわからなくなっていきました。



そんなときにある勉強法にであいました。


この勉強法にであい、試してみた結果、


僕は英語がしゃべれるようになりました。


クラスでも発言できるようになりました。





今日はその勉強法について話します。


この勉強法を知ってやっていると、


あなたは英語をスマートに、

そして流暢にしゃべれるようになって、

海外の人としゃべりたいときに

自信を持ってしゃべれるようになります。




一緒に街にくりだし、

おしゃれにランチして遊ぶことができるようになり、


一人で昼ごはんをたべることもなくなります。




逆にこのテクニックを知らず、やっていなければ、


あなたは、英語を話せる自信がつかず、

海外の人をみかけても

話しかけることができません。



勇気をだしてしゃべりかけても、

口がもつれてうまくしゃべれなくて



「what?」とゆわれ相手にされず、

首をかしげられその場をさられてしまいます。



あなたは去っていく外国人の背中を見ながら、

拳をにぎりしめ棒立ちになってしまいます。


ですが、この勉強法を使えば、

海外の人に英語を聞き取ってもらえず、

あたふたしてしまい、頭が真っ白になって

しまうこともなく、



英語が流暢にしゃべれるようになって、

海外の友人ができてしまいます。



ではずばりその勉強法なんですが、

「リーディングアラウド・エフェクト」

といいます。



これはなにかとゆうと、

音読をすることによって、

あなたの脳に英語を刻みつけ、

口に英語の発音を覚えさせてしまう効果
のことです。



簡単にゆってしまえば、

音読すると脳に英語をおぼえさせることができて、


口は英語に慣れてくれて

英語がペラペラになります。



「音読なんて小学生か」

と思うかもしれませんが、

これには絶大な効果があります。


音読で確実にしゃべれるようになるからです。




人が会話をするときは、

頭でかんがえてることを

口にだしてしゃべります。


これは英語でも日本語でも何語でも

かわりません。



ですがこの前提として

頭にいっぱい単語なり、表現が

はいっていないといけません。




僕たちが流暢に日本語をしゃべれるのは、

今まで人生をいきてきて

頭のなかにたくさんの日本語があり



ずっと使ってきたので口も日本語になれているからです。、





ですが英語になると英語を知らないし、

口も英語の音を出すのになれてないので、



いざしゃべろうとすると、頭が真っ白になって、

カタカナ英語のような発音になってしまうのです。



とうぜん、あたまのなかにないものを

しゃべることはできないし、


なれてないことばを口に出すことはむずかしいです。




そして英語圏の人は僕たちと逆で、

英語をいっぱい知っていて、

しゃべりまくっているので、



頭の中には英語がいっぱいはいっており

口も英語の音になれています。




ですが、英語圏の人が日本語を話すとき、

日本語を知らないし、

発音に慣れていないので、

ぺらぺらにはしゃべれません。



このことからわかるのは、


頭にいっぱいしゃべりたい言語をいれて

口をなれさせれば


流暢にしゃべれるということです。




なので僕ら日本人がやることは、

頭の中にいっぱい英語を覚えこませて、

口には発音の練習をさせるのです。




これが一度にできてしまうのが、

「リーディングアラウド・テクニック」

なんです。


そしてこのテクニックを

どうやってやるかというと、

あなたの英語の勉強に音読をいれます。


まず本を用意して読みたいところまで、

軽く読んで内容をつかんでください。


内容をつかんだら、今度は読んだところを

音読をします。


音読をしながらさっきつかんだ内容を、

イメージしながら音読します。


こうすることによって、

あなたの脳に音読している部分の表現や

単語の意味がインストールされていきます。


と同時にあなたの口は

音読しているパートを

実際にしゃべることで

発音練習をすることができます。


ここまでやったら、次は

誰でもいいので人をつかまえて、

音読して覚えた英語をしゃべりましょう。


すると少しぺらぺらにしゃべれるように

なっていることに気づくはずです。

後は繰り返します。



では早速

「リーディングアラウド・テクニック」を

実践してみましょう。


①学校の教科書や、英語のウェブサイトや、

映画の字幕や目の前に転がっている本など

なんでもいいので英文を用意してください。


②そして1ページ軽く読んで内容をつかみます。


③読み終わったら音読で同じところを読んでください。

(このとき最初に軽く読んで、

つかんでおいた内容を

イメージしながら音読してください。)


こうすることで、あなたが音読した英語は

あなたの脳に吸い込まれていきます。


同時に口の筋肉で覚えることができ、

あなたの口と脳は進化していって、

英語がペラペラになってしまいます。


このテクニックで英語を勉強していると、

海外の人と普通に会話をできるようになり、

友達になって、一緒にごはんを

食べることができるようになります。


こうして、あなたが望む海外の人との

楽しい日々がスタートします。




それをみた友人はうらやましがり、あなたに対して、

羨望のまなざしを向けるようになります。


そしてあなたのステータスは、

知らないうちにあがってしまうことになります。