読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TOMY(トミー)のブログ

誰でも60日で英語がペラペラになるバイリンガルの法則

「もう英語できないキャラ脱出!!」1日30分で英語ペラペラになる方法!

んにちは、トミーです。


今日は重要なシークレットをお話します。

このシークレットをしていると、


海外の友人ができてしまい、海外にいった時に

外国人とぺらぺらしゃべることができて、

あなたは対等に外国人と接することができ

るようになります。



そして英語をやってるのにしゃべれない、、

そんなあなたを英語がぺらぺらに

しゃべれるあなたに変えてしまいます。


しかしこのプラクティスをしていなければ、


せっかく海外にきたのに

ちゃんとした英語がしゃべれなくて

外国人に肩をすくめて両手をあげられます。


そして英語ができないキャラ扱いされ、

不当に扱われるようになってしまいます。



英語をべんきょうしているのに、

あんまりしゃべれない、そう答える

日々を送ることになります。


今日はせっかく海外にまでいったのに、

まったく英語がしゃべれず、きまずい雰囲気を

嫌というほど味わい部屋に帰って、夜な夜なため息をつき、

どうしたらいいんだと頭を抱えていた僕が、


英語をしゃべれないキャラから抜け出して、

しゃべれるキャラになり友人に

英語ができるキャラに認定されてしまう
ようになって

しまった秘密をお話していきます。


ずばりその秘密とは、

「ライティング・シークレット」

です。


なにかとゆうと、

自分の思ってることを紙や、ケータイのメモ帳に書くのです。



「そんなことしてなんになんの?」

「全然意味わかんないんだけど」

と感じられたかもしれません。


ですが、この

「ライティング・シークレット」

をすることで、あなたはなぜか


ぺらぺらと言いたい事が

英語でしゃべれるようになって、

外国人の輪に入ることができ、

周りの人から一目置かれる存在になってしまうのです。





「ライティング・シークレット」では、

あなたが普段思っていることや、

感じたことを英語で紙やスマホのメモ帳などに

書いていきます。



こうすることで、どうなるかというと

しゃべる練習になります。



ライティングとは、

アウトプット(自分の頭にあるものを外にだすこと)

です。



そして英語をしゃべるのは

これまた、アウトプットです。



とゆうことは

「ライティング・シークレット」をすることで

しゃべる練習になり、あなたをどんどん

英語がしゃべれるキャラにかえるのです。



実際自分の思ってることを紙に書くことで、

自分がしゃべっているのと

同じことが頭の中で起こります。


しかもこの方法をとれば、しゃべる相手が目の前にいなくてもできます。


あなたが日本にいて、

「英語をしゃべりたい、」

「でも英語をしゃべれる人が近くにいない、、」


って時などに、思ってることを英語で、書く。



ただこれだけで

あなたの英語はどんどん進化していき、

言いたいことが言いたいときに

いえるようになります。


そして、外国人といても

まるで日本語のように英語をしゃべれるようになって、

ストレスなく、外国人と付き合うことができます。


昔の僕は英語がしゃべれない、

けど英語をしゃべれるようになりたい!

海外の友人が欲しい!そんな理想と現実との

ギャップの間で苦しんでいました。


ですが、勉強しても本当にしゃべれるようにならない。

才能がないのかと落ち込みました。


そんな僕でしたが、

TOEFLのテストをうけなければいけない関係で

ライティングを偶然に始めました。


そしてもともと自分の思ってることなどを

書くことを普段からしていたので、

どうせなら英語で書いたらどうだろう

となんとなくな気持ちで始めました。


そんなことをしながら、

通っていた英語カフェに偶然いってみました。


すると自分が少し今までより

英語がしゃべれるようになっていました。


「これは!」


と思い、

なんでしゃべれるようになったのかを考えました。


そこで僕は英語で紙に書いてたからだといきつきました。



詳しく調べてみると、

紙に英語で思ってることを書くのは英作文です。


そして日本語についてかんがえてみると、

僕たちが誰かとしゃべるときを考えてみると

頭の中で僕たちは無意識に日本語を作文して

しゃべっています。


これが英語になると、頭の中で英作文をして

しゃべっていることになります。


つまり紙に思ってることを書くのは

頭で作文をしてることになります。


とゆうことは紙に書いてるだけで、

勝手に英作文の練習になっていたのです。


人の頭はやればやるほど、

慣れてきてスピードがあがって得意になります。



最初に全く乗れなかった

自転車がやっていくうちに、

慣れてきて、コツをつかみ簡単に

のれるようになってしまうようなものです。



やりかたですが、スマホのメモ帳か、

白紙の紙とペンを用意してください。


そこにあなたが普段感じてることや、

思ってることを英語で書いていってください。


例えばあなたが

「I wanna talk with foreigner」

と思っていたら、そのように書いてください。


ポイントですが、

翻訳をしないようにしてください。


まず日本語がでてきてそれを英語に翻訳して書く、

みたいな感じにしてると、ちがった方向に

走ってしまうので、やってはいけません。



初めから英語で考えて、

英語であなたが感じてること、

思ってること、したいこと

などなんでもいいので書いていきましょう。


では早速やってみてください。

スマホのメモ帳を開いてください。


1分間、あなたが思ってることを英語でメモ帳に

書いてみてください。

この瞬間、あなたの頭の中では英語の回路が

つくられはじめ、目には見えないけど

爆発的なスピードで進化していきます。


そしてこれを毎日していると、

あなたの英語は格段に変わっていきます。


間違いなく英語がしゃべれるようになります。

そして自信がついてきて、

海外の人に話しかけることができるようになり、

そこから友人になって、

「私の国に遊びにいこう!」と

誘われるようになります。