読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TOMY(トミー)のブログ

誰でも60日で英語がペラペラになるバイリンガルの法則

気づけばいつの間にか英語がしゃべれるようになります

んにちは、トミーです。




「どうしたらいいんだ」

英語がはなせるようになるまでに

何回も思うことだと思います。


どうしたら話せるようになるのか

どんな勉強したらいいのか。


どうやってしゃべれる人はしゃべれるようになったのか。


そしてなかなか結果がみえなくて落ち込む。



つらいです。



僕もそうでした。

英語をやってもやってもしゃべれるようになりませんでした。


先生に「どうしたら英語しゃべれるようになりますか」

とききまくってみたり、

グーグルで検索してみたりとか、


そのグーグルで知った勉強法をやってみたりとか。

ディクテーション、シャドーイング、、


新しい勉強法をしってはためし、知ってはためし

と続けても一向に英語が喋れるようになる

気配はありませんでした。



「いったいどうしたらいいんだ」


そんな絶望的な感情にいつもさいなまされていました。



英語がのびなくて、他の生活も悪影響をうけていきました。


夜は遅くまで起き、授業にかないといけないのに

授業をやすみだし、


学校いかないと日本に帰されるのにです。



完全にだめな人間になっていました。



それでも

「なんとかしゃべれるようになりたい」


この一心で勉強をつづけても、


会話では、まったくしゃべれずききとれず、



「本当におもうようにいかない、なんで僕だけこんな目に」


とどんどん卑屈になっていきました。


「いったいいつまで続ければいいんだろう」


先がみえませんでした。




そんななかある先輩から教えてもらった概念がありました。


その概念を知って僕は英語をしゃべれるようになる

希望をもつことができました。



今日はその概念についてお話したいと思います。





この概念をしっていると、

楽な気持ちで英語ができるようになり、

英語ができないと卑屈になることがなくなります。



そして自分が英語ができないと落ち込むことがなくなり

モチベーションがあがって

勉強ができ、

気がついたら勝手に英語がしゃべれた

というあなたになれます。





ですが、この概念をしらないと、



いつまでやってもも英語がしゃべれないと思い、

途中で諦めてしまい、



毎日をなんとなく後悔と後ろ髪を

ひかれるような気持ちで生活を送り、


英語ができるようになり外国人と

一緒に楽しそうに話してるやつを遠目で



「いいなぁ、、」


と、うらやましそうに見て終わることになります。


あなたの目の前や隣に

外国人がいるのに話しかけられない

そんな状況にさせられます。








ずばりその教えてもらった概念ですが、


「ウォーターグラス・エフェクト」というものです。

コップの水が溢れ出してくるというようなイメージのものです。



これはどうゆう意味かというと、

コップに水を注いでいると

どうなりますか?


「水が溢れ出してくるんじゃない?」


そうです。



この水を例えば、英語だと思ってください。

そして英語をいっぱいグラスに注いでいくと

どうなると思いますか?


「英語がこぼれてくるのかな?」


そうです、正解です。

このこぼれてきた英語があなたがしゃべれるようになった部分です。


つまり毎日、英語をやっているとそのうちに

コップに水(英語)がたまってきて、

そのうちあふれだしてくるのです。(英語が喋れる、使える)



水はいっぱい入れたほうが早くあふれますね。


つまり英語をいっぱい注げば注ぐほど

早くこぼれてくるわけです。



「コップから水をあふれさせればいいんだよ」



英語が全くしゃべれず、

遠目で海外の人と喋っている人をみながら


「いいなぁ、、あんなふうに僕もなれたら、、」


と思っていたときの僕はそういったアドバイスを受けました。


最初は

「ん、なにゆってんの?」

と思いました。


ですが僕は英語ができる人に相談をもちかけている中で、

多くの人からそろいもそろって

同じようなことをゆわれました。



これの本当の意味は

英語のインプット(頭の中に情報をいれること)

を増やそう
ということなんですが、


僕はあまりインプットを

していなかったことを指摘されました。


だから喋れないんだときづきました。


それに気づいてからは

僕はインプットを増やしました。

コップに水をいっぱい注いでいったんですね。


そしてあるとき、水がグラスからこぼれはじめました。


自然と口から英語がでてくるのです。


「びっくりしました」


、自分では何が起こったの

かわかりませんでした。



ですが、全くでてこなかった英語が、

口からぽろりぽろりと

でてくるようになったのです。



「感動でした。」



この体験は実際にしないと

わからないのでぜひこの記事をよんでいる

あなたには体感して欲しいと思います。




コップに水をそそいでいけば(英語をインプットする)



英語がすらすらと

口から勝手にこぼれてくるようになり、



今まで遠めで外国人と喋っている人間を

うらやましいと思っていたのが、



あなたが外国人と喋ってる側の人間になれるのです。




具体的にインプットをどうすればいいのかですが、


インプットは色んな種類と方法があります。

そしてそれぞれの効果があります。


が、喋れるようになるために水を注ぐなら、

音読と手で書き写すが有効です。



まず何でもいいので、

英文を用意してください。


本や、教科書、ネット上のウェブサイト、

なんでもかまいません。



そして次にそれを軽く読んで

内容をつかんでください。

どこまで読むかは自由です。




読んで内容をつかんだら、

音読してください。



その時音読しながらつかんだ内容を

イメージして、


「あっこういうことをいっているんだな」



と意味を頭の中で理解しながら、

一文一文音読してください。



音読が終わったら、

白紙に手にペンをもって

音読したところを書き写してください。



こうすることであなたの脳に

完全にインプットされてしまいます。



そして口から勝手に英語がもれだし、

あなたはすごいと友人から言われ、街中の外国人と

会話もできるようになり、あなたは外国人と

一緒にいる側の人間の仲間入りを果たすことができるのです。






では早速やってみましょう。


1、英語の本と白紙とペンを用意して机の前に座ってください。

2、次に本を開いて一ページ読んで内容を軽くつかんでください。

3、次に読んだところを音読してください。

(このとき一文一文音読しながら

つかんだ内容を

頭の中に思い出してください。)


4、音読が終わったら、手にペンをもち

白紙に英文を書き写してください。

(このときも頭の中でつかんだ内容を

思い出しながら書き写してください。)んにちは、チャーミーです。




「どうしたらいいんだ」

英語がはなせるようになるまでに

何回も思うことだと思います。


どうしたら話せるようになるのか

どんな勉強したらいいのか。


どうやってしゃべれる人はしゃべれるようになったのか。


そしてなかなか結果がみえなくて落ち込む。



つらいです。



僕もそうでした。

英語をやってもやってもしゃべれるようになりませんでした。


先生に「どうしたら英語しゃべれるようになりますか」

とききまくってみたり、

グーグルで検索してみたりとか、


そのグーグルで知った勉強法をやってみたりとか。

ディクテーション、シャドーイング、、


新しい勉強法をしってはためし、知ってはためし

と続けても一向に英語が喋れるようになる

気配はありませんでした。



「いったいどうしたらいいんだ」


そんな絶望的な感情にいつもさいなまされていました。



英語がのびなくて、他の生活も悪影響をうけていきました。


夜は遅くまで起き、授業にかないといけないのに

授業をやすみだし、


学校いかないと日本に帰されるのにです。



完全にだめな人間になっていました。



それでも

「なんとかしゃべれるようになりたい」


この一心で勉強をつづけても、


会話では、まったくしゃべれずききとれず、



「本当におもうようにいかない、なんで僕だけこんな目に」


とどんどん卑屈になっていきました。


「いったいいつまで続ければいいんだろう」


先がみえませんでした。




そんななかある先輩から教えてもらった概念がありました。


その概念を知って僕は英語をしゃべれるようになる

希望をもつことができました。



今日はその概念についてお話したいと思います。





この概念をしっていると、

楽な気持ちで英語ができるようになり、

英語ができないと卑屈になることがなくなります。



そして自分が英語ができないと落ち込むことがなくなり

モチベーションがあがって

勉強ができ、

気がついたら勝手に英語がしゃべれた

というあなたになれます。





ですが、この概念をしらないと、



いつまでやってもも英語がしゃべれないと思い、

途中で諦めてしまい、



毎日をなんとなく後悔と後ろ髪を

ひかれるような気持ちで生活を送り、


英語ができるようになり外国人と

一緒に楽しそうに話してるやつを遠目で



「いいなぁ、、」


と、うらやましそうに見て終わることになります。


あなたの目の前や隣に

外国人がいるのに話しかけられない

そんな状況にさせられます。








ずばりその教えてもらった概念ですが、


「ウォーターグラス・エフェクト」というものです。

コップの水が溢れ出してくるというようなイメージのものです。



これはどうゆう意味かというと、

コップに水を注いでいると

どうなりますか?


「水が溢れ出してくるんじゃない?」


そうです。



この水を例えば、英語だと思ってください。

そして英語をいっぱいグラスに注いでいくと

どうなると思いますか?


「英語がこぼれてくるのかな?」


そうです、正解です。

このこぼれてきた英語があなたがしゃべれるようになった部分です。


つまり毎日、英語をやっているとそのうちに

コップに水(英語)がたまってきて、

そのうちあふれだしてくるのです。(英語が喋れる、使える)



水はいっぱい入れたほうが早くあふれますね。


つまり英語をいっぱい注げば注ぐほど

早くこぼれてくるわけです。



「コップから水をあふれさせればいいんだよ」



英語が全くしゃべれず、

遠目で海外の人と喋っている人をみながら


「いいなぁ、、あんなふうに僕もなれたら、、」


と思っていたときの僕はそういったアドバイスを受けました。


最初は

「ん、なにゆってんの?」

と思いました。


ですが僕は英語ができる人に相談をもちかけている中で、

多くの人からそろいもそろって

同じようなことをゆわれました。



これの本当の意味は

英語のインプット(頭の中に情報をいれること)

を増やそう
ということなんですが、


僕はあまりインプットを

していなかったことを指摘されました。


だから喋れないんだときづきました。


それに気づいてからは

僕はインプットを増やしました。

コップに水をいっぱい注いでいったんですね。


そしてあるとき、水がグラスからこぼれはじめました。


自然と口から英語がでてくるのです。


「びっくりしました」


、自分では何が起こったの

かわかりませんでした。



ですが、全くでてこなかった英語が、

口からぽろりぽろりと

でてくるようになったのです。



「感動でした。」



この体験は実際にしないと

わからないのでぜひこの記事をよんでいる

あなたには体感して欲しいと思います。




コップに水をそそいでいけば(英語をインプットする)



英語がすらすらと

口から勝手にこぼれてくるようになり、



今まで遠めで外国人と喋っている人間を

うらやましいと思っていたのが、



あなたが外国人と喋ってる側の人間になれるのです。




具体的にインプットをどうすればいいのかですが、


インプットは色んな種類と方法があります。

そしてそれぞれの効果があります。


が、喋れるようになるために水を注ぐなら、

音読と手で書き写すが有効です。



まず何でもいいので、

英文を用意してください。


本や、教科書、ネット上のウェブサイト、

なんでもかまいません。



そして次にそれを軽く読んで

内容をつかんでください。

どこまで読むかは自由です。




読んで内容をつかんだら、

音読してください。



その時音読しながらつかんだ内容を

イメージして、


「あっこういうことをいっているんだな」



と意味を頭の中で理解しながら、

一文一文音読してください。



音読が終わったら、

白紙に手にペンをもって

音読したところを書き写してください。



こうすることであなたの脳に

完全にインプットされてしまいます。



そして口から勝手に英語がもれだし、

あなたはすごいと友人から言われ、街中の外国人と

会話もできるようになり、あなたは外国人と

一緒にいる側の人間の仲間入りを果たすことができるのです。






では早速やってみましょう。


1、英語の本と白紙とペンを用意して机の前に座ってください。

2、次に本を開いて一ページ読んで内容を軽くつかんでください。

3、次に読んだところを音読してください。

(このとき一文一文音読しながら

つかんだ内容を

頭の中に思い出してください。)


4、音読が終わったら、手にペンをもち

白紙に英文を書き写してください。

(このときも頭の中でつかんだ内容を

思い出しながら書き写してください。)