読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TOMY(トミー)のブログ

誰でも60日で英語がペラペラになるバイリンガルの法則

英語をする以前の問題を知らない人が多すぎる現状

んにちは、トミーです。



どうしても、外国人相手だと
気まずくなってしまう。

がんばって話しかけてるのに、



だんだん、なんか話が
うまくいかなくなってきて、





なんでかわからないけど、

相手がいらいらしてるのが
目に見えてきてつらい。


そして友達になれない。



外国人と友達になりたい方に
ある悩みだと思います。



なんでかって理由がわからない
あたりがすごくつらいと思うんですよね。


「しかも仲良くなりたい」

って話しかけにいくのに、



だんだん雰囲気が悪くなってくる


相手の態度がイライラしてくる。


もはや地獄です。

ショックです。




しかもなんでこうなるかわからない。





こういった経験が実は僕にも
あります。


英語をはじめた僕がとっていた
クラスには

偶然、留学生がいて、


その子たちと仲良く
なろうとしたときのことなんですけど、


最初はすごく
和やかなムードなのに、


だんだん、
なぜか気まずくなってきて

会話がちぐはぐしてきて、


相手の態度が目に見えて
イライラしてきだしているのを

感じた事がありました。




そして、回を重ねるごとに

どんどん声がかけづらくなっていって


疎遠になってしまった

人たちが僕にはいます。




「なんでなんだっ!!、、」

「僕はただ仲良くなりたかっただけなのに、、、」


そこで真剣に悩んで考えた結果
僕はあることにきづきました。



「僕、英語しゃべってるとき
知ったかしてなかったか、、??」


と。



、、、、、、、、

何か質問されたときに

ききとれてないのに

聞き取れたふりをして


「yes」

とか

とりあえずゆったりしてたことを

思い出しました。






僕はそんな経験からこれだけは

していけないと

学びました。




もしあなたが今これをしてしまっていたら、


海外の人と話していても

会話がスムーズにできず、


しだいに嫌われるようになるかも
しれません。



そしてそのうち相手が目をあわしてくれなくなり

あなたも気まずくなってしまい、


どこかですれちがっても声をかけれない

目もあわせれない悲しい終わり方をします。




ですが、反対にこれをしていなければ


あなたは

正直な人だと認識されて、


外国人があなたの周りにあつまり、

笑顔を向け合いながら

楽しく会話をできるようになります



そして恋愛話をしたり、くだらない話をしたり

しながら、


あなたの周りに居る人は

あなたのことをうらやましいと
感じることになり、

ちょっと自分ができているんじゃ
ないかという

気持ちになれます。




「さてじゃあなんなの?」


と思ったかもしれませんが、


あなたが思っている通りです。



そうです

「知ったかぶり」です。




外国人と友達になりたければ

「知ったかぶりは今すぐやめよう!!」


です。


ちなみにここでいう知ったかぶりは、


わからないのにわかったふりをする

ということです。



英語がききとれていないのに

ききとれたふりをする。



知らない単語なのに知ったふりをする。



などです。




僕はよくこれをやってしまっていた

ことに後にきづき、


「あぁぁ、、、」

と嘆いたのは言うまでもないのですが、





これをやっていると間違いなく、

外国人はあなたから離れていきます。


「なんで?」

「なんで知ったかすると、
外国人と友達になれないの?

僕ら英語知らないし、ビギナーだし
知らないのはしょうがないじゃないか」


と思いたくなるかもしれませんが、



これは真実です。




例えばですが、


あなたが
もうすでに英語がぺらぺらだとします。


そして急に「海外を旅行してるんだ」という

日本人のK君があなたの

目の前に現れました。



彼が英語でしゃべりかけてきたので

あなたは英語でかえしました。



そして会話の中であなたが質問を

します。


「Kはどこにすんでるの?」


K「aha]


あなた「いやいやKはどこにすんでるの?」


k 「yes」(しかも真顔で)



、、、、、

いらっとしませんでしたか?



「えっ、なんだよこいつ大丈夫か」


と思いませんでしたでしょうか。



これが聞き取れてないのに、
しったかぶりをして



ごまかそうとして「yes」
とか「aha」

などゆってるときに、

起こっているかもしれないことなんです。



英語をしゃべれるほう
からしたら、かなり困りますよね。


質問してるのに「aha」

訊いてるのに 「yes」


「なんなんだ!!」

って数を重ねられると

感じませんか?



これが日本人が外国人と話して

知ったかぶりをすると起こります。



「やばいな」

と感じられたんではないでしょうか。



こんなことされると
誰だっていやになります。


ですが、大変なのは、

これに気づかないことです。



日本人が、「自分は英語できるんだ!!」

って見せかけようとして、


もしくはそう思いたいとして、


聞き取れないのや、

聞き返すのが恥ずかしいと思って


知ったかぶり、聞き取れてないのに

聞き取れたふりをしていると、



間違いなく嫌われます。



だってそうですよね、


仮に日本語同士だとしても、


知ったかぶりで
話しかけられていると感じると


「こいつうぜえな」

と感じませんか。



「こいつなんもわかってないよ」

と感じませんか?


「信頼できないし、話してて
楽しくないですよね」




もちろん、こんな言い方ばかりを

していると、そんな外国人の肩ばっか

もってと感じられるかもしれませんが、


そうではありません。




僕も0から始めたので気持ちは

よくわかります。



英語を勉強している日本人から

すれば必死にやっているわけです。


なんとかがんばって話しかけて、

聞き取ろうとして精一杯になって

やっています。


外国人と友達になりたい。



って一心にやっているのは

知っています。




それはそれですごく

大事だし、すごいし

がんばっていると思います。



がんばって話しかけよう、
チャレンジしよう!

というのに対しては本当に

素晴らしいと思います。




ですが、それと知ったかを
していいかというのは


別の問題です。



知ったかは英語以前の問題で

人間としての問題だとおもいます。


先ほどの例で感じられたとおもいますので、



聞き取れたふりや

知ったかぶりをしていたなぁ、、


と思う人は

今すぐやめましょう。



そうすれば、

あなたはすぐに外国人の

友人に囲まれるようになります。



あなたがちゃんとした

知ったかなんてしない

いい人になれば




時間はかかるかもしれないですが、

外国人の友人はすぐにできます。






「じゃあ知ったかをやめるとして

わからないときはどうしたらいいのさ?」


と困った気持ちになると思います。



それに対してはこうしたらいいです。



実際に外国人に
話しかけて、

「あーこの単語わからない、」


「えっなんていったの??」


「ちょ、早口すぎる、、、!!」


などなどと
なったら、


なんて言ったかききなおしましょう。

「えっなんていったの?」

とか

「この単語の意味どうゆういみなの」


とか

「もうちょいゆっくりしゃべって」


といいましょう。




「えーそんなことしたら
よけいきらわれそうじゃんかぁ」

と思うかもしれませんが、



そんなことはありません。


ちゃんとわからないことを

訊いてきてくれれば、


「あぁこの人は正直なんだな」


とか

「勉強してるんだな、えらいな」


などと感じられるものなのです。



「うそだ!!そんなことない

訊きなおしたりすると

できないやつと思われるにちがいない」



と思う人もいるかもしれませんが、



そうゆうことを思う相手がいたと
したら


それはその人が人間的に

よくありません。



知らない単語がある

聞き取れない部分がある


それだけで

「できないやつ」と思うような

人がいたら、


こっちから願いさげしてやりましょう。



英語勉強している人にとっては

知らない事だらけで


あたりまえですし、


聞き取れなくてある意味当たり前です。


ちなみにそう思って開き直って、
ふんぞりかえるのは
だめですが、


できないやつと
思われると

と思うのはやめましょう。



知ったかぶりとかも


「まちがえて馬鹿にされたくない」
という恐怖から

生まれています。



ですが、間違えない人いないですし、

最初からできる人もいませんので、



そこは開き直って
思う存分、聞きなおしてやりましょう。


「どうゆう意味?」


「この単語の意味おしえて?」



外国人にききまくりましょう。

そうすればもはやその人とは友達です。



いやな顔をするひともいるかもしれませんが、

その人はそういう人間的レベルということです。


もちろん、教えてもらって当然という

気持ちでいくのも失礼なので、

ちゃんと礼儀をもちましょう。



そうすれば嫌な顔も
されないはずです。