読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TOMY(トミー)のブログ

誰でも60日で英語がペラペラになるバイリンガルの法則

1日たった10分だけで道行く外国人に話しかけられるようになる裏技

んにちは、トミーです。

あなたは海外の人としゃべれるようになって、

毎日楽しく過ごしたくないですか?


海外旅行にいって、

普通に海外の人と

「HI」

とかいってかっこよくしゃべりたいですよね。


街中に歩いている海外の人に声をかけて、

そのままクラブにいって一緒に踊ったり、

わいわいしたり、、楽しいですよね。


そうなるには英語をしゃべれないといけないですよね。


ですがしゃべれるようになるのは、

なかなかハードルが高い、、


と思ってませんか?


それは実は、

英語上達の方法を知らないだけなんです。


しゃべれるようになることは、

本当は難しくないんです。


今日はあなたを英語をしゃべれるようにしてしまう、

一日たった30分からできる英語上達方法をお話していきます。


それは実は読書です。

「えっ!!」

と思われたと思います。


「読書してるけどしゃべれるようにならないけど!」

と思われたかもしれません。


ですが読書をすることで、

あなたは間違いなく英語しゃべれるようになります。


なぜなら、

英語をしゃべれるようになるには、

英語で考えることができればいいだけだからです。


そしてそのもとになるのが読書です。


どういうことかというと、

英語で考えるためには、

英語の単語や表現をしっていることでできます。


あなたが日本語で考えることができるのは、

いっぱい日本語を知っているからです。


ではどうやっていっぱい英語の単語や表現を増やすかというと、


そうです。

読書です。


読書をしていると、

あなたの頭の中にどんどん英語が吸い込まれていきます。


するとあなたは英語で、

何か考えることができるようになります。


そしたら後は、

口に出すだけで英語がしゃべれるようになります。


リーディングの先生に

チャーミーは読書が足りない。

といわれて僕は読書を始めました。


当時、

僕はとにかくしゃべれるようになりたかったので、


色んな先生に

「どうしたらしゃべれるようになりますか?」

と相談していました。

するとその先生は、


「読書だよ」と一言こたえてくれました。

僕は、

「読書としゃべれるようになるのと、

どんな関係があるんだよ」


とかなり疑ってかかっていましたが、

よく考えてみたら、

その通りだと思いました。


読書をして、

英語をいっぱい知ってて、

初めてしゃべれると気づきました。


そして僕は読書をいっぱいしました。

すると読書をした直後から、

頭に英語がすらすら

浮かんでくるようになりました。


友達としゃべるときも、

口から英語がすらすらでるようになりました。

恋バナとかもしました。


かなり感動ものでした。

そこから言うまでもなく、

僕は読書にはまりました。


面白いものがいいと思ったので、

英語で書いてある漫画を読んでいました。

BLEACHとかデスノートとかをよく読んでました。


このように、


読書は、


あなたをしゃべれるようにしてくれる


最強の技なのです。




僕は読書がしゃべれるようになるために

必要だと知らずに、


かなりの時間と労力を

無駄にしてきてしまいましたが、


あなたはこの最強の王道にのってください。


ですが読書をしなければ、

あなたは僕が長い間苦しんだように、

友達といても会話ができなくて、


そのせいで、

そこにはいないような扱いを受け、

周りの人から無視されることになります。


それでもいいなら、

読書をしないでください。



ですが、

読書をするだけで、

あなたは海外のかっこいい男性や、

かわいい女性と、

楽しいおしゃべりを

したりできるようになるのです。




方法ですが、

読書は読むものならなんでもいいです。


もちろん本や、新聞、まんが、小説、

インターネットの文章、

フェイスブックで海外の友達とのチャット、

映画の字幕。


などなんでもいいので、

英語の文章を用意してください。


そして読むだけです。


コツですが、

内容をつかんで読んでいってください。


この表現はこういう意味か、

とか文章の内容をつかんで

読んでいってください。



わからないまま読み進めていくのは、

あまり意味がないのでやめましょう。


読書はすればするほどいいですが、

いきなり量を読もうとするのは大変なので、


一日10分とか、一日3ページとか、

自分なりに決めて毎日読みましょう。


慣れればどんどん増やせばいいです。


こうして毎日読書をしてれば数日後に、



あなたは海外の人や、

友達にしゃべって、


楽しんだり

羨望のまなざしを

浴びているかもしれません。